日本企業にとって、オフショア開発はプロジェクトの状況に合わせて開発チームを拡張するのに理想的です。企業はインフラや人材を新たに用意する必要はなく、海外企業と提携もしくは契約することで必要な開発要員を確保でき、また人件費削減にも多大な効果があります。

弊社はフィリピンの企業と連携して、日本の企業にオフショア開発のサービスをご提供します。

ただ、オフショア開発は短所もあります。品質や仕様、進捗状況の管理に時間がかかり、言葉の壁があるなどはそれらの一部です。ブリッジ SEがその短所を解決できます。

そのため、オフショア開発サービスだけでなく、ブリッジSEサービスも行っています。海外の会社に開発を委託する場合に、ブリッジSEは開発中に発生する可能性がある課題を解決し支援します。

ブリッジSEの役割としては日本企業とオフショア企業の「橋渡し」を行う「システムエンジニア」となるだけではなく、両企業の間に立って連携を築くことも支援します。

ブリッジSEとして、下記の業務を行っています。

  • オフショア企業への仕様説明
  • 問題解決と進捗管理
  • 開発のサポート

その他ご要望に応じて以下のような作業もお受けいたします。

  • 設計書の作成
  • オフショア納品物の受入(ソースレビュー含む)
オフショア開発については、お電話またはお問合せフォームからご連絡ください。